HOME > 青汁三昧とは

手ごろな価格
おいしくて、飲みやすい
バランスのいい栄養価

ライン

『青汁三昧』は、【青汁を手頃な価格で、おいしく、バランスのいい栄養価】をコンセプトに開発された商品です。

大麦若葉・ケール・ゴーヤーの栄養価に優れた3種類の青野菜をブレンドしビタミンやミネラルをより多彩に、そしてバランスよくお摂りいただけるようにしていると同時に、続けやすさにもこだわり美味しい抹茶風味に仕上げました。

青汁三昧ができるまで

厳選した原料が工場に運ばれ粉末加工されます。

十分に生育し規格検査に合格した野菜のみをすぐに収穫して、栄養価を損なわないよう鮮度を保ったまま荒粉砕します。
品質規格に合格した原料を使用していますが、微生物検査(大腸菌群と一般生菌数の検査)を実施しています。

それぞれの粉末を計量し、ブレンド

3種類の粉末原料をそれぞれ正確に計量し、ロッキングミキサーに投入しブレンドします。
品質管理課の厳しいチェックで2回目の大腸菌群と一般生菌数の検査を行います。

顆粒状にし、大きさを整える

粉末状の原料を短時間熱風をあてて顆粒状態にして、二枚刃が配された機械によって粒の大きさを均一に整えます。

3回目の大腸菌群と一般生菌数の検査を行います。

異物の混入を徹底的にチェックする

金属探知機にかけ、金属製の装置やふるいの破片などの混入がないかをチェックします。
4回目の大腸菌群と一般生菌数の検査を行います。

2回目の混合をする

再度ロッキングミキサーに投入し、ブレンド。水分、色調、味のチェックをします。

5回目の大腸菌群と一般生菌数の検査を行います。

分包し、箱詰めする。

機械によりスティック状に充填し箱詰めする。

箱についたキズや印刷ミスなどは最終的には人の目で確認され、シールで封印されます。

ここがポイント!

出荷直前の最終チェックです。ここで6回目の大腸菌群と一般生菌数の検査が行われた後、お客様のお手元にお届けいたします。

完成!お客様の下へ発送

何重もの安全チェックをクリアした製品を全国に発送いたします。
「どの方にも完璧な製品を!」を合言葉に『青汁三昧』の積まれたトラックが出発するまで、我々が気を抜く事はありません。

青汁三昧を購入する

青汁三昧ができるまで

口の中に入る商品を作っている限り、
我々の仕事に厳しすぎるという言葉はありません。

品質管理イメージ

品質管理課による徹底した品質管理

境界線

工場内では、品質管理課の人間が徹底した品質検査を実施。
外部調査機関に頼る事無く社内で品質管理課を設置する事で、安心で安全な「青汁三昧」を自分達の目で最後まで確認し、製品を作っています。

検査結果イメージ

原料ロットごとの重金属、農薬検査

境界線

農薬や土壌汚染など、食の安全を脅かすニュースが多く報道されるようになっていますが、
「青汁三昧」では細心の注意をはらって、様々な検査を実施し、心配される重金属や農薬検査は工場に入荷時に原料ロットごとに検査を実施しているので、問題のある原料が工場内に混入する事はありません。

細菌検査イメージ

繰り返し行われる細菌検査

境界線

「青汁三昧」の製造過程で度々実施される大腸菌群及び一般生菌数検査は一つの製品が出来るまでに実に6回も行われます。
衛生管理の徹底が基本で、生産1回毎に清掃を行います。
この清掃に半日もの時間を費やすこともあり、安心な商品をお届けする為には必要な工程のため、決して手を抜く事が許されません。

青汁三昧ができるまで

97%の人が「飲みやすい」「美味しい」と答えた*
『青汁三昧』のおいしさの秘密

今でこそ、美味しい青汁として知られている「青汁三昧」ですが、最初から現在と同じようなものではありませんでした。
創業から今まで、そしてこれからも、皆様により良いものをご提供するために日々、工夫をこらしております。

細心の注意をはらった
保管と計量

『青汁三昧』のおいしさは原料の絶妙な配合バランスによって生まれています。
原料によっては小数点以下まで細かく測定されて配合されています。
保管も湿度、温度を徹底管理し、紫外線にはふれさせない。
この3つを厳守しています

「さっと溶ける」秘密は
熟練の職人芸

さっと溶けるのが『青汁三昧』。顆粒状に加工する機械は、マニュアル通りの操作では、粒が均一になりません。それを操る職人たちが、天候、温度、湿度などのさまざまな条件を考慮し、最後の調整を手動で行っています。職人の技が『青汁三昧』を支えているのです。

完成までは試作の日々、
完成した今でも試飲の日々

青汁はおいしくなくても健康のために飲むものでした。その印象を打ち消し、「おいしい青汁」を作り上げる為の試作は何十回にも及びました。
現在でも毎回試飲を欠かさず行います。皆様に「おいしい青汁」を届ける為には人の舌での確認は避けては通れません。

※2013年8月22日有楽町駅前/115人調査

青汁三昧を購入する

青汁三昧ができるまで
ケールイメージ

ケール

境界線

ケールは地中海周辺原産の緑黄色野菜で、アブラナ科のアブラナ属の植物。その大きな葉には、現代人に不足しがちな各種ビタミン、ミネラル類がたっぷり。
緑黄色野菜の中でもとびぬけて栄養価が高いうえ、栄養バランスにとても優れているため、「野菜の王様」とも呼ばれています。
中でも年齢や環境に負けないために摂りたいβカロテンや、中高年期から積極的に補いたいカルシウム、健やかな生活習慣に大切なマグネシウムなどをたっぷりと含んでいます。

大麦若葉イメージ

大麦若葉

境界線

ビールや焼酎など、お酒の原料としてよく知られている大麦。この大麦の穂が実る前の若葉を大麦若葉と呼びます。
生育途中の大麦若葉はとても力強く生命力に溢れ、一晩に2~3㎝ものびることがあるほどです。
そのため、栄養価も高いのが特徴です。
特に注目したい栄養素は食物繊維です。
食物繊維はスッキリとした毎日はもちろん、健やかな生活習慣にも役立つため、今や第6の栄養素と言われることもあるほど重要視されています。

ゴーヤーイメージ

ゴーヤー

境界線

南国ならではの強い日差しが降り注ぐ沖縄。
この地で暑さに負けずいくつになっても元気に過ごすために欠かせない食材として重宝されているのがゴーヤーです。
ビタミンCは含有量が多いと言われるレモン果汁の約1.5倍にも達します。
しかもゴーヤーのビタミンCは熱に強く壊れにくいのが特長で、ビタミンCは美容はもちろん年齢やストレス、環境に負けないためにも是非摂りたい栄養素です。


ケール1種類でも青汁は作れます、しかし私達は「栄養機能食品は栄養バランスが取れていてこそ」と考えています。
人間の健康はバランスをとる事で保たれています。
栄養のバランスを考えた結果この3種類の青野菜が必要でした。

青汁三昧ができるまで

必要な栄養素は食事でバランスよく取るのが基本です。

現代社会で毎日しっかりと必要な栄養素をバランスよく摂るというのはとても難しいです。
「青汁三昧」は持ち運びに便利なスティックタイプで、水にさっと溶ける顆粒タイプで飲みやすく、口の中に残りません。
外出先でも飲み物とプラス1品、3種類の青野菜を組み合わせて、1種類の野菜では摂りきれない栄養素をバランスよく摂取する事が出来ます。

「青汁三昧」は栄養機能食品です。

3種類の青野菜を組み合わせた『青汁三昧』は、「栄養機能食品」です。栄養機能食品とは、毎日の食事だけでは摂取できない栄養素を補助する食品のこと。ビタミンCは1日2包で、1日に必要な摂取量の90%以上をカバー。女性に不足しがちな鉄分、マグネシウム、カリウムも摂れるようになっています。


青汁三昧栄養イメージ
栄養素の量

こんなに栄養素が豊富!
栄養成分表示(1包/約3.3gあたり)

境界線

エネルギー:10.40kcal
タンパク質:0.26g
脂質:0.05g
炭水化物:2.76g
ナトリウム:0.46mg
ビタミンC:35.97mg
ビタミンB1:0.33mg

ビタミンB2:0.40mg
ビタミンB6:0.47mg
ビタミンB12:1.62μg
ナイアシン:3.53mg
パントテン酸:1.44mg
葉酸:178.20μg

カリウム:38.61mg
カルシウム:5.02mg
鉄分:0.18mg
マグネシウム:1.59mg
βカロテン:5.21μg
食物繊維:1059.30mg

※炭水化物中に食物繊維1059.3mgを含みます。

青汁三昧を購入する

  • 青汁健康ポイントキャンペーン
  • 青汁三昧フォトコンテスト
  • 青汁三昧レシピ募集

ページTOP